小口融資【即日】ブラックでも少額ならキャッシングOK!

小口融資という言葉は普段あまり使わないでしょう。ビジネスローンなどで大口融資に対するものとして、少額融資のことをこう呼ぶことがあります。または、個人向けキャッシング全般を小口融資と分けることもあります。数十万円単位のキャッシングができる消費者金融や銀行カードローンと思っても良いでしょう。

koguchiyushi360x120.jpg

少額融資 即日

  1. お金がすぐに欲しい
  2. カードローンで借りる
  3. 消費者金融会社で借りるには
  4. 即日で少額融資
  5. 即日融資はカードローン以外でも可能
 
koguchiyushi360x120.jpg
 

お金がすぐに欲しい

数万円程度のお金でしたら、友人知人を頼ってお金を借りるのが一番かもしれません。親しい友人でしたら3万円くらいなら即金でお金を貸してくれるのではないでしょうか。実際には1万円なら軽いでしょう。

なぜ友人がお金を貸してくれるのかというと、長年のつきあいで気心が知れているかです。知らず知らずのうちに信頼関係ができているということでしょう。

お金を貸しても必ず返してくれるという強い気持ちを持っているということです。連絡もすぐに取れるような関係でしたら、なおさら信頼関係というか絆は強いと思っていいでしょう。ですから、少額融資というか3万円程度のお金でしたら、友人はすぐにお金を貸してくれると思います。

しかし、その程度のお金を自分で用意できないのかという忠告くらいは受けるかもしれません。そういった心配をかけたくなかったら、身内にお金を借りるようにしたほうがいいかもしれません。身内ですから、お金に困ったらすぐに貸してくれることでしょう。

またある時払いの催促無しになる場合や、甘えが生じて結果的に返済しなかったといことにもなりかねません。身内の場合はどうしても借金に対して甘えが出るので、しっかり返済するようにしたいものです。そのためにも友人知人からお金を借りるときは自分から借用書を作るようにしましょう。そういったことも、友人知人からお金を借りるときの一つのマナーと考えていいと思います。

また、身内の場合も借用書を用意しておくと、親しき仲にも礼儀ありで身内のほうも快くお金を貸してくれることでしょう。いずれにしても、身内も友人もお金に困ってないことが条件ですし、お金を借りるほうも友人知人にお金がないようでしたら、お金を借りること自体が言いにくいと思います。これは身内についても同様ですね。

ですから、借りる相手がお金を持っているかどうかも事前にこちら側で把握しておかなくてはいけません。お金を持ってない相手に対してお金を貸してくれというのはかなり厳しい場面になることも考えるようにしましょう。それを押してお金を貸してくれるという気持ちも推し量らなくてはいけません。

いずれにしても3万円程度まででしたら、友人知人からお金を借りるようにするほうがベストでしょう。そして次の給料日が来たらすぐに返すという覚え書きや借用書を作っておくのです。そうしたら友人知人も快くお金を貸してくれるでしょう。

もっともこれ以上のお金となると、友人知人も手持ちがなかったり難色を示すかもしれません。3万円というのも目安でしかないので、それでもちょっとと言われることもあるかもしれません。そういったときやそれ以上のお金が必要な場合は、身内を頼ったほうがいいということになります。

そして、少額ということでしたら、自分で調達する方法も考えましょう。即日ということでしたら、1万円程度でしたら、自宅にある不要品を売りまくることで買取り業者からそのくらいの額で買取りしてもらえることもできるかもしれません。

もっとも不要品はどこにもっていっても不要品ですから、いくら元が高いものであっても、10年前に買ったパソコンが20万円くらいしても今では数千円にもならない、あるいは数百円または無料で回収してくれるくらいの価値しかないかもしれません。買取りというのはどうしても、これだけに金額にしかならない…と思いがちです。

しかし、買取りの際のお決まりのようなものですから、家の不要品がなくなるのが第一と考えればいいでしょう。それでもチリも積もれば山となるという感じで、なんとか売りまくったら1万円くらいにはなると思うので良しとしたらいいでしょう。

それ以上のお金が必要となると、場合によっては必要なものも売らなくてはいけなくなるでしょう。たとえばテレビなどを売れば買取りは数千円になると思います。それで必要な額に到達するのでしたら、その場をしのぐにはしょうがないかもしれません。

しかし、テレビは必要品ですから後で新品を買い戻さなくてはいけません。そのときは恐らく買取りしてもらった額の、10倍以上のお金を出して購入しないと売ったテレビと同等のものは買えないでしょう。そういったことも考えたほうがいいのはいうまでもありません。

また、少額のお金でしたら、クレジットカードのキャッシングを利用するという手もあります。翌月一括払いにしておくといいでしょう。そのとき注意しなくてはいけないのは、ショッピングで購入したお金は翌月一括払いの際に金利手数料は一切かからないので、キャッシングにも金利手数料はかからないと思っている人が少なくない点です。

実際はそんなことはなく、キャッシングの場合はキャッシングした翌日からしっかりと金利手数料が日割りで計算されていきます。締め日までが短ければ金利手数料も少なくてすむのですが、1ヵ月近く締め日まであるようでしたら、それなりの金利手数料となるので注意が必要です。

とはいっても、1万円借りて一日の金利手数料は4円程度でしょう。それでもこの金利は消費者金融会社のカードローンよりも高くなることがあり、クレジットカードのキャッシングは思った以上に金利が高いことも覚えておいたほうがいいです。
 
▲メニューに戻る
 
koguchiyushi360x120.jpg
 

カードローンで借りる

少額でもお金を借りるのでしたら、銀行カードローンや消費者金融会社のカードローンでしょう。この二つでしたら、やはり銀行からお金を借りたいと考える人が多いと思います。

確かに銀行カードローンのほうが金利が低いので、借りるのでしたら銀行カードローンのほうがいいでしょう。また、銀行カードローンに雨油脂の申し込みをするときには当然ですが、審査があります。銀行カードローンでしたら審査が厳しいので審査に通らない人もいるでしょう。

そして、銀行カードローンでしたら、最少の融資金額が10万円です。ですから、10万円の利用限度額のカードローンに申し込みをして、審査に通ってローンカードが発行されたらそれを使って少額のキャッシングをすればいいのです。

大手消費者金融会社のカードローンでしたら、1万円が最少の融資額になります。それと致命的なのですが、銀行カードローンは即日融資に対応していません。というのも、銀行カードローンの申込者の信用情報を警察庁のデータベースに照会しなくてはいけません。不正融資を防止するためなのですが、照会情報がもどってくるのは翌日以降となるので、物理的に即日融資は不可能となるのです。

ですから、即日にどうしてもキャッシングしたい場合は、銀行カードローンでは無理となるので、消費者金融会社のカードローン会社に融資の申し込みをするしかありません。また、どうしても銀行カードローンは審査が厳しいので審査に通らない人も出てくるでしょう。銀行カードローンの審査が厳しいのは、銀行カードローンの原資となっているのが、口座開設者から預かっている預金だからです。そのため貸し倒れを非常に銀行側が警戒しているということですね。

それと保証会社の存在があります。銀行カードローンに融資の申し込みをすると銀行の審査に通るだけではなく、保証会社の審査にも通らなくてはいけないのです。保証会社はどういう働きをするのかというと、カードローン利用者が返済不能になった場合に利用者に代わって銀行に残りの債務を返済するのです。そして保証会社から立て替えたお金の請求が債務者にされるということです。銀行はそういった意味ではノーリスクなのですが、いずれにしても審査が厳しいのは間違いありません。
 
▲メニューに戻る
 
koguchiyushi360x120.jpg
 

消費者金融会社で借りるには

銀行カードローンの審査に通らなかった場合、属性が低くて銀行カードローンに融資の申し込みをしなかった人は、消費者金融会社のカードローンに頼るしかありません。

というよりも、銀行カードローンは即日融資に対応していませんから、即日の融資をしてもらうためには消費者金融会社のカードローンに融資の申し込みをするしかありません。

融資の申し込み方法は消費者金融会社は多彩です。WEBでの申し込みや店頭での申し込みは基本ですが、アコムやプロミスなどの大手消費者金融会社でしたら、市内のあちこちに無人契約機が設置されています。

無人契約機は24時間365日稼働していますから、お金がすぐに必要という日が、たとえ土日であってもカードローンの申し込みをすることができますし、当日の22時までに手続きを終えて審査に通ればローンカードが発行されるのですぐにコンビニATMでキャッシングすることができるのです。

また、最近ではローンカードがなくても、スマホでキャッシングすることができるような仕組みになっているので、そういった方法もぜひとも活用したいものです。
 
▲メニューに戻る
 
koguchiyushi360x120.jpg
 

即日で少額融資

即日で少額融資をしてもらうには、大手消費者金融会社でお金をかりて契約する方法があります。銀行系カードローンは金利が低くていいのですが、即日融資に対応していないのでその時点で、あきらめなくてはいけないのです。

しかし、消費者金融会社は総量規制があるので、収入の3分の1までしかお金を借りることができません。すでに総量規制一杯まで借りている人でしたら、消費者金融会社のカードローンで借りるのは無理です。

また、消費者金融会社でしたら先号主婦でもお金を借りることができます。収入がないのにお金を借りることができるのは、世帯収入で審査を受けることができるのです。

専業主婦が配偶者であることが条件となります。いってしまえば世帯主が審査対象になるということですね。そのときは収入証明書が必要になる場合があります。この場合の借入れも即日融資が可能です。
 
▲メニューに戻る
 
koguchiyushi360x120.jpg
 

即日融資はカードローン以外でも可能

消費者金融会社は大手のカードローンだけではありません。中小消費者金融会社や街金などのローンも即日融資に対応しています。そのためには店頭窓口に行った方が手っ取り早いでしょう。

ということは営業日しか即日融資の申し込みができないのですが、大手消費者金融会社のカードローンの審査に通らなければ、中小消費者金融会社や街金などの小規模な消費者金融会社のローンに頼らざるをえないのです。

独自審査をしている消費者金融会社も多いので、シンプルな審査ですぐに融資をしてくれることがあるので、困った時に最寄りの中小消費者金融会社や街金の窓口に行くといいでしょう。
 
▲メニューに戻る
 
koguchiyushi360x120.jpg

少額融資なら即日融資は確実か?

2018年11月01日 17時36分

銀行カードローンも消費者金融も、少額融資には待遇が良いと言っても良いでしょう。 お金を借りる時の希望額として、いきなり100万円と言うよりは、10万円以下だったり、3万円と言うのは貸す側としても印象…

即日少額融資は消費者金融が有利?

2017年06月12日 17時24分

少額融資というと10万円以下、30万円以下、50万円以下と考え方があります。 少額融資とは? この中で、即日融資で10万円以下が消費者金融がよく使われる数字です。 銀行カードローンになると、30…

銀行と消費者金融の少額融資

2017年06月12日 17時26分

銀行カードローンの少額融資と言えば、専業主婦枠です。 イオン銀行カードローン、オリックス銀行カードローン等の専業主婦枠は少額融資です。 楽天銀行カードローンは50万円ですが、これが限界です。 …

少額融資のメリット

2017年06月12日 17時27分

カードローン審査では、少額融資が断然有利です。 その理由として、 即日融資 最近の消費者金融は即日融資です。 スピード審査はもちろんですが、WEB完結のキャッシングは当たり前です…

審査の甘い中堅消費者金融では、少額融資が基本

2017年06月12日 17時29分

三井住友銀行カードローンWEB完結、プロミスなどの大手消費者金融の即日融資は魅力的です。 最短1時間というのも良いのですが、カードローン審査に通らない方もいます。 多重債務、債務整理後、収入な…
koguchiyushi360x120.jpg