小口融資【即日】ブラックでも少額ならキャッシングOK!

小口融資という言葉は普段あまり使わないでしょう。ビジネスローンなどで大口融資に対するものとして、少額融資のことをこう呼ぶことがあります。または、個人向けキャッシング全般を小口融資と分けることもあります。数十万円単位のキャッシングができる消費者金融や銀行カードローンと思っても良いでしょう。

koguchiyushi360x120.jpg

少額ブラックで信用情報に問題ありでも借りれる所

2017年08月08日 12時15分

信用情報と聞くと、なにか重要で恐ろしいもののように聞こえますが、そんな怖いものではなくクレジットカード会社やローン会社など金融機関を利用したときに記載される記録のことを言います。

申し込みするだけで記録されますし、いついくら借入れたか、返済したかなどが個人情報とともにも記録されます。
金融機関を何も問題なく利用している分には怖がることはないのですが、延滞や債務整理を行うとそういう金融事故情報が一定期間、個人信用情報機関に記載保存されます。

延滞や債務整理、自己破産、任意整理、個人再生などはブラック情報となって、銀行カードローンや大手消費者金融会社、信販カード会社の審査に悪影響を及ぼしてしまいます。
そういった情報も、私はこれから先キャッシングしないという人には関係ないように思うかもしれませんが、近い将来クレジットカードを作れなかったり住宅ローンや、自動車ローンを組めなくなってしまうこともあるので、安易な気持ちで信用情報を汚すのはよくありません。

このように書くと債務整理はマイナスイメージしかないかもしれませんが、法律に従って債務者の借金を減らすための方法です。
借金が原因で日常生活に支障が出るときは債務整理を検討するのはいいことだと思います。

信用情報に事故情報が載っている期間に、どうしても借入しなければいけない事態になったときは、ローン審査が甘い中小消費者金融を探して申し込みすれば借入できる可能性が高いと思います。

中小消費者金融や街金は信用情報も審査しますが、毎月収入があって返済できるかどうかを重要視する金融会社が多いです。
こういった会社は借入限度額が低い場合が多いので、少額でもいいから借りたいという人にはいいと思います。
しかし、金利は高く法定金利の上限ぎりぎりという金融業者もあります。

借りるときはそれらを納得して借入しなければいけません。
金利が高すぎて返済できないというのでは困るからです。
街金や中小について詳しく知りたいという人は、ネットで検索すれば様々なローン会社の情報を得ることができます。
大手と違って宣伝から情報を得ることができないので、利用者の口コミが大切な情報源です。

借金問題は専門の弁護士に相談することで解決できる場合もあります。
借金返済のために借金するというような自転車操業よりも、もっといい方法があるかもしれません。
無料相談もあるので、困っている人は一度相談してみるといいのではないでしょうか。
koguchiyushi360x120.jpg