小口融資【即日】ブラックでも少額ならキャッシングOK!

小口融資という言葉は普段あまり使わないでしょう。ビジネスローンなどで大口融資に対するものとして、少額融資のことをこう呼ぶことがあります。または、個人向けキャッシング全般を小口融資と分けることもあります。数十万円単位のキャッシングができる消費者金融や銀行カードローンと思っても良いでしょう。

koguchiyushi360x120.jpg

少額ブラックでもカードローンで借りたい

2017年08月08日 12時15分

信用情報機関にブラック情報がある人は銀行カードローンや大手消費者金融の審査には通らないことは有名だと思います。
総量規制対象外で金利も低い銀行系でキャッシングできないというのは、もったいないことではありますが、金融事故を起こした自己責任です。

しかしブラック情報があったらどこからも借入できないということではなく、消費者金融系キャッシングの中でも中小消費者金融会社、街金であれば審査が緩いので金融事故情報があっても審査に通る可能性が高いです。

中小の審査は大手消費者金融や銀行のように信用情報や属性を最重要視して判断する金融機関とは違い、現在の毎月の収入を元にいくらなら返済していける人なのかというところを見て判断する業者が多いです。

債務整理や自己破産してすぐの人では難しいと思いますが、しばらくたっていて信用情報に記録が残っている期間であれば審査可決する業者はけっこうあると思います。

各街金、中小によって審査基準は色々なので、どういった基準で判断する会社なのか、ネットを利用して利用者の口コミを調べて自分の属性でも審査通過できると思う業者を探すといいでしょう。

ネットの中には街金に特化したサイトがたくさんあります。
全国の街金情報をランキングしてアップしているサイトもあるので、参考にするといいと思います。

街金や中小を利用するときに注意することは、正規業者とはいえ金利が高く法定金利の上限すれすれの金利を設定している業者も多いことです。
また、借入限度額も最初は低い融資額になると思います。
きちんと期日に毎月返済していくことが信用となって、徐々に限度額は上がっていくと思います。
貸し倒れリスクがある人たちに融資しているのですから、これらは仕方がないのかもしれませんが、希望の借入額とは違う結果になるかもしれません。

金利が高く、限度額が低い金融業者から、本当に借りる必要があるのかどうかよく考えてから申し込みしましょう。
お金を借りるということは期日に利息を付けて返済しなければいけないということです。

返済できる人しかお金を借りてはいけません。
借金返済で困っている人は借金専門の弁護士に相談するという方法もあります。
無料相談もあるので、無理やり借入れる前に利用してみるのもいいかもしれません。
koguchiyushi360x120.jpg