小口融資【即日】ブラックでも少額ならキャッシングOK!

小口融資という言葉は普段あまり使わないでしょう。ビジネスローンなどで大口融資に対するものとして、少額融資のことをこう呼ぶことがあります。または、個人向けキャッシング全般を小口融資と分けることもあります。数十万円単位のキャッシングができる消費者金融や銀行カードローンと思っても良いでしょう。

koguchiyushi360x120.jpg

返済額が多い場合は少額キャッシングで

2018年05月15日 16時25分

返済額が多い多重債務者のキャッシングは慎重に行ってください。
銀行カードローンにしても大手消費者金融でも、返済額が多い方の審査は、非常に厳しいものになります。
 
koguchiyushi360x120.jpg
 

新たなカード発行ができる人

銀行カードローンでは、もともと多重債務はできない事が多いです。
既に多重債務の場合は、消費者金融に申込をすると良いでしょう。

その時に、総量規制範囲内であることが絶対条件です。
年収3分の一が限度額です。返済額ではなく、借入額ですが、300万円の年収の方は100万円です。
返済額が100万円を越えていた場合でも、利息は別です。元金が問題になります。
原則的には、この総量規制範囲内であれば、カード発行の可能性があります。
 

大手消費者金融では?

既に2社の多重債務である場合は、ギリギリの総量規制の借り入れができないことが多いです。
体験談で、総量規制範囲内なのに審査落ちになってしまった。

審査が通らない理由は教えないのですが、借り入れ超過と返済見込が少ないからです。
大手消費者金融では、総量規制未満でも借り方で不安があれば審査に落ちます。
 
koguchiyushi360x120.jpg
 

中小消費者金融の場合

中小消費者金融では、2社の多重債務なら、総量規制範囲内の借り入れができることが多いです。
ただし、返済額が多い。それでも収入があるのなら、少額キャッシングになります。
その際に、返済計画等がきちんとできていることが条件になります。

信用情報的には、大手消費者金融審査落ちの時点で金融事故になりますが、
まだ総量規制範囲内ですし、致命的な内容ではないです。
返済計画で返済が出来る少額なら、中小消費者金融の審査は大丈夫でしょう。
 

金融事故があると

中小消費者金融の審査に通るためには延滞をしていない、債務整理者直後ではない事が必要です。
大手消費者金融にある連続して申込をする申込ブラックは審査落ちになることはないです。
返済能力があれば良いのですが、たいてい10万円の希望額でももっと少なくなることがあります。
審査の印象を良くするためにも、数万円の申込が妥当です。

借入した金額をきっちり完済していくと、
中小消費者金融では、早期に追加融資の提案があることも口コミがあります。
多重債務で返済額が多いだけですと、信用情報ではブラックではないです。
ただ、大手消費者金融の審査基準に合わないというだけなので、
慎重に審査を進めて行くことで、中小消費者金融での借入ができます。

情報サイトで、中小消費者金融の審査内容を確認の上申込をしてください。
申込ブラックもないので、何社チャレンジでもOKでしょう。
 
koguchiyushi360x120.jpg
koguchiyushi360x120.jpg